イシンホームのブログ

イシンホーム湖南ブログ - 大介店長の”きょうも一手を”

イシンホームのブログです。ミスチル、X01T、子育てなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

大介店長、人間関係と数学について考えてみる。

まあ、雑談です。









人間誰でも、好き嫌いはある程度あるわけで。








そんな中で、

人間関係を”割り切る”とは、公約数を見つけるってことかなーって。

公約数を見つけないのは、単なる”切捨て”でしかないなーって。





その反対に、

仕事やプライベートを含め、

新たな出会いがあって、これからお付き合いが始まる人。

そういう”掛け合わせたい”ヒトには公倍数を見つけることですよね。

共通の話題とか、趣味とか。。。






自分の中にもってる、

性格や信条などの素材は”集合”であって、

自分の成長から生まれる”+α”も、

その集合(空間)の中に含まれていく。






ただ、

間違っても、ヒトは単なる数字じゃなくって、

それに”方向性”が加わった、

きっと”ベクトル”に近いものなんでしょう。

そのベクトルも、きっと3次元以降のディメンジョンなはず。







無限の空間の中で、

その個性を識別して、

まったく等価なベクトルを見つけるのが不可能なように、

一人として、おんなじ人はいなくって、

世の中に必要でない人なんて存在しない。








向きがちかいヒト、正反対なヒトが世の中にはいっぱいいるだろう。

その人を測るのに、自分はどんなモノサシで測ってるの?

そのモノサシは正しいのですか?

そんな風に自問してみると、

案外「ジブンモノサシ」だけで計測を試みようとしていたり。。。







そんな「ジブンモノサシ」で人を測って、

このひとは、こんなひと。

あのひとは、あんなひと。

まあ、怖いこと怖いこと。








世の中に”絶対的な基準”を見つけることは、

これまた不可能に近く、

仏教やキリスト教のような、

世界宗教が新たに生まれてくることを待つしかありませんが、

少なくとも、”ジブンモノサシ”だけで世の中を測っちゃいけない、

と認識することで、

すべての人を白紙で見ることができるような気がする。。。













そんなことを考えていました。

















まだ仕事終わってへんのに。。。。
















ただ、

神様に愛されていない人って、

世の中にはいないって、

断言できます。





スポンサーサイト
  • [No Tag]

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバックURL
http://doyasaina.blog21.fc2.com/tb.php/187-d8b0497e

Menu

プロフィール ▼

カレンダー ▼

最近の記事 ▼

最近のコメント ▼

ブログ内検索 ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。