イシンホームのブログ

イシンホーム湖南ブログ - 大介店長の”きょうも一手を”

イシンホームのブログです。ミスチル、X01T、子育てなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

大介店長、探す。②


前回、土地探しの極意として、

”100%条件に見合う土地は100%存在しない”

ということを述べました。

残念ながらこの通りです。

逆に言うと、新天地で新しい家でスタートできる方というのは、

すべてこの事実を踏まえた方々です。







きょうは、もうひとつの極意を授けることにしましょう。

これも、絶対的な真理です。









たとえば、完璧とはいかないまでも、そこそこ気に入った土地があったとします。

でも、今ひとつ決め手がないと、そういったときの極意です。












それは、














”ある程度気に入った土地より良い土地はない”








ということです。

これは第1の極意から、自明で導き出せる結論ですね。

考えると、当たり前ですね。

100%気に入った土地は100%存在しないのですから。

でも、実際、高い買い物をするわけですから、なかなか分からなくなるんです。

高い買い物をするので、土地に対して、完璧を求めるようになります。







「この後に、もっと良い土地が見つかるんじゃないか?」








こういう疑念が頭を占めるようになってきます。

こうなってくると、もう、堂々巡りです。







これはですね、

探している土地というものを、人生の伴侶に置き換えて考えてみればいいんです。










「この女性より、もっと素敵な女性があらわれるんじゃないか?」






「この方より、もっと素敵な男性が私を待ってるんじゃないかしら?」









相手に条件を出しすぎて(自分の分や器はさておいて)、

なかなか結婚できないパターンと、まったく同じです。

















これは誰もが通る道ですが、

やはり最後はどこかで結論を出さなければいけません。





いわゆる、”ハラを決める”ってやつです。










自分が完璧でないように、相手に完璧を求めることはできません。

大事なことは、いかに相手を思いやり、理解し、尊重しあうかということです。

つまり、相手に求めてばかりいないで、自分も歩み寄らないといけないのです。







土地に関しても、まったく同じことが言えます。

その場所は、世界にたった一つの固有の性格を持った土地です。

その土地の悪いところばかり見てもだめです。

(もちろん、精査することは大切ですよ、もちろん。)

「この土地とだったら付き合っていけるな」

「ここが気に入らないけど、それをひっくるめてこいつの個性だ」

そう考えることができると、永くつきあっていけるでしょう。









土地探しは、伴侶探しと一緒。

一生、一緒にいるのですもの。

そりゃ、妥協したくないですよ。








ただ、そのときに、ちょっとこう考えてみてください。










自分(買主)が完璧でないように、相手(土地)も完璧ではないんだ。

だから、相手(土地)に完璧を求めてはいけない。

大事なことは、自分が、自分がと考えるのではなく、

相手のことも思いやれる心を持つこと。

それが、長く付き合うことのできる秘訣。










こういう、”許しの原理”を、

土地探しにも、伴侶探し(だけでなく、人間関係すべてにおいて)にも、

活用してみましょう。











これはですね、実は、仏教で言う

”中道”の実践なんですよ。







スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバックURL
http://doyasaina.blog21.fc2.com/tb.php/212-5dd9dcec

Menu

プロフィール ▼

カレンダー ▼

最近の記事 ▼

最近のコメント ▼

ブログ内検索 ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。