イシンホームのブログ

イシンホーム湖南ブログ - 大介店長の”きょうも一手を”

イシンホームのブログです。ミスチル、X01T、子育てなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

大介店長、追い込む。


いよいよ、宅建試験本番まで、あと2週間となりました。

そして、きょうは、公開模擬試験ということで、

日建学院主催の一般開放された模擬試験がありました。

これがまた、ちょー難しかった。。。




結果32点。

なんと18問も間違った計算になります。





なんやねん。。。






ところが、その後の発表で、



平均23.7点。



と出てました。

平均が23点なんて試験は近年なかったそうです。

昨年は34点だったそうなんで。





宅建試験は、何点取れば合格というのではなく、

上位15%から17%に入ると合格という試験なので、

なかなか合格の基準点は見えてこないのですが、

そこは、日建学院。

わかりやすい基準を設けてくれています。





それはなにかというと、

「これまでの傾向として、

正答率50%以上の問題を抑えていれば合格する可能性が高い」

というものです。

つまり、基準点としては、50問中で正答率が50%以上の問題数=合格基準点ということ。

で、今回の50%以上では、22問。

例年の合格基準点は34~36問ですから、やっぱり相当難しかったんですね。




そこで、対策としては、

正答率が50%以上だったにもかかわらず、間違えてしまった問題があるとすれば、

そこが合格を妨げてしまう大きな要因になりますよということなので、

その出題範囲を苦手分野としてきっちり対策することが大事になってきます。

(店長は40%以上の問題まで押さえていく方針でやっています)




今回は、40%以上の正答率で落とした問題は、

合計11問。

そのうち、6割以上の人が正解してるのに間違ってしまった問題がなんと6問。

科目にすると、

権利関係:抵当権、連帯保証、契約の解除。

法令上の制限:建築確認・単体規定。

宅建業法:用語の定義、免許(各種届出)。

このあたりは、

「比較的簡単なとこやし、後回しにしよう」

とよく考えてしまう分野。

油断してる阿呆加減が良く分かります。






ただ、最近、テキストを読み返して、基本的な知識を抑えなおすことで、

成績もアップしてますので(7位/92人:滋賀)、

あと2週間、確実にこなしていきたいと思います。






ちなみにきょうは、4日ぶりにお酒をいただきました。

米焼酎、白水。

沁みました。




スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバックURL
http://doyasaina.blog21.fc2.com/tb.php/322-7f95bdaa

Menu

プロフィール ▼

カレンダー ▼

最近の記事 ▼

最近のコメント ▼

ブログ内検索 ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。